ゴミ屋敷片付けコラム

料金案内
2024.01.25

ゴミ汚部屋片付け料金はゴミの質と量で決まる!安くする方法も紹介

ゴミ汚部屋片付け料金はゴミの質と量で決まる!安くする方法も紹介
ゴミ屋敷や汚部屋を業者に依頼して片付けたいけど費用が心配という人のために部屋のお片付け料金の決まり方をお教えします。

ゴミ屋敷のお片付け料金は、ゴミの量とゴミの質でゴミ処理料金が決まり、ゴミ処理料金をベースとして清掃作業に必要な作業費と作業人数が決まり、室内のゴミの量をベースとして使用する車両の大きさや台数が決まり、お片付け料金の総額が決まります。

さらにお風呂やトイレのハウスクリーニングや除菌消臭などのオプション費用ですべてのお片付け費用が決まるのです。

他社のゴミ屋敷片付け業者記事では片付け料金は間取りで決まるというものを見かけますが、間取りはあまり関係ありません。例えば1人住まい2DKの部屋で1年ゴミを溜めた部屋と単身ワンルームで5年ゴミを溜めた部屋とではお片付け費用は単身ワンルームのほうが高額になるのは誰でも分かると思います、つまりゴミ屋敷のお片付け料金は間取りはあまり関係ないと言えるでしょう。

ゴミ屋敷のお片付けを検討しているが費用が心配、いったい私の部屋を業者依頼して片付ければいくらの予算を組んでおけばいいのか?などゴミ屋敷片付け料金の決まり方を詳しくご説明しますので是非参考にしてください。

ゴミ屋敷の片付け費用と相場を正確にお伝えします

ゴミ屋敷のお片付け料金関係の記事を見ていますと、いったいどれが本当の料金相場なんだ?と思うことがありませんか?ある片付け業者の記事ではワンルーム系のゴミ屋敷なら3万円~5万円という料金案内があり、別の業者では1Kから1LDKなら3万円~12万円と書いてあったり他には1万円と書いてる片付け業者もあります。

多くのゴミ屋敷片付け業者ではお片付け料金表を部屋の間取り別で表すことが多いですが、上記で間取りはあまり関係ないとお伝えしました。冒頭でゴミ屋敷のお片付け料金の決まり方はゴミの量と質で決まると書いた通り、間取りによる料金表はあまり参考になりません。

まごのてのコラムでも部屋のタイプ別でゴミ屋敷片付けの費用相場を書いたものがありますが単身用ワンルームでも5万円~100万円の料金の差がありますので、料金算出の根拠がないような記事はあまり参考にせず、事実に基づいたものを参考にするようにしましょう。

まごのてのお片付け料金のご案内はすべて実体験に基づいてお知らせしていますので、ゴミ屋敷や汚部屋片付けを業者依頼したい人には一番参考になり実態に近い費用相場を把握することができるでしょう。
 

東京近辺のゴミ屋敷片付けなら真心対応と安心料金のまごのて

ゴミ汚部屋片付け料金はゴミの質と量で決まる!安くする方法も紹介

ゴミ汚部屋のお片付け料金の根拠とは?

まごのてのホームページ内では片付け料金算出に対する根拠という言葉を多用しています。特にお片付けや清掃というものは無形のサービスですから単純に高い安いということを判断するのは難しいのですが、他の片付け業者が連発する「業界最安値」や「軽トラ積み放題8千円」という文言に根拠はあるのかということです。安いなら安いなりの根拠を示さずに安い安いと言われても何を判断基準にすればいいのかわかりません。

ゴミを不法投棄をするから処分費を抑えれるから安い、ホームレスを作業者として使ってるからあり得ない料金を実現できる等安いなら安いなりの根拠を示す必要があると考えます。

1万円と示すのは簡単ですが、なぜ1万円なのかを示すことはお片付けや清掃業に限らず当たり前のことでとても重要なことです。まごのての場合はどうしてお片付け作業費がその料金なのか、ゴミの運搬費の算出には何を基準としているのかを明らかにし説明が可能なものとしています。お客様はその示された根拠に基づいて高い安い、もしくは適正相場だと判断することが大事と考えます。
ゴミ汚部屋片付け料金はゴミの質と量で決まる!安くする方法も紹介

ゴミ屋敷のお片付の料金算出方法

では実際にあったゴミ屋敷のお片付け事例からいくらでお片付けをし、どのようにして料金が決まったのかを順を追って解説していきます、具体的事例を出しての説明ですからわかりやすいと思いますので是非読み進めてください。
 
1Kのゴミ屋敷
1Kゴミ屋敷のお片付け料金算出事例
・東京都府中市の20平米単身用1K
・ゴミを溜めた年数はおよそ4年弱でコンビニ系ごみ中心
・リサイクル家電や粗大ゴミは廃棄無し
・ゴキブリや臭いの発生なし、ションペット等糞尿なし
・建物前トラック付け良好、ただしエレベーターなしの3階
 
まごのてでも一番お片付け実績が多い単身用ワンルームを事例としました、ゴミの状況もコンビニ系ごみを中心とした有機系ゴミでご依頼者は男性です。

このゴミ屋敷を片付けるに際しての料金算出の仕方を順序よくご説明いたします。
まずこの写真のゴミ屋敷片付け料金は26.5万円です(ゴミ撤去のみ)そして料金の内訳は下記の通りです。

ゴミ処分費	1,000Kg	150円	150,000円	 作業費	3名	25,000円	75,000円	 車両費	2トン1台	40,000円	40,000円	 その他	  265,000円(税別


ではゴミ屋敷片付けの料金が26万円となった料金計算の根拠と算出方法です。
写真を見ますとゴミが堆積し高くなってる部分と低い場所があります、廊下や水回りの写真は載せていませんが手前はかなり低く、もし平均で均せば70cmほどのゴミであることがわかります。

20平米の部屋に平均高さ70cmですから約14立米のゴミなどがあるということです、14立米ということはまごのてで使用する2トントラックを満載積んだ時の量となり、使用車両は2トントラック1台です。

ゴミの量を立米で計算しましたが、これは使用車両や台数を決めるためのものですから、重量に換算します。コンビニごみ中心でその他衣類や雑誌が混じりますので1,000Kgとしました。ゴミの種類によって弾き出す重量は微妙に変わります、衣類などが多い場合は1200K~1300Kg、家具や家電が入ると1400Kgなど積載するゴミの内容で微妙に変化します。

その他食品系生ごみがあったり、ライターなどの危険品、リサイクル家電の廃棄の有無などを考慮してお片付け料金が決まっていきます。

その他に数個のファクターを加味して最終的な金額が決まりますが技術情報のため伏せますが大まかには上記のように決まると思っていただいて間違いありません。

室内にあるゴミの量を見極めて算出するのは少なくとも2年以上の経験がないと弾き出すことができないものです、ちなみに私たちが算出するとどんなにゴミがあっても上下10%以内の誤差で収まります。

この弾き出した重量に150円を掛け、リサイクル家電(テレビや冷蔵庫など)や食品系廃棄物の処理費用を足したものが処分費となります。

現在ゴミの処分費用は一般のゴミで1Kgあたり150円と設定しており10年前の1.5倍になっています。原価では2倍程度となっています、本来は売価も2倍にすべきですがあまりにも高額になってしまうため売価はギリギリ採算ベースに乗る料金設定としています。

ここまでがゴミ屋敷片付け料金の一番ベースとなるゴミ質と量から算出した処分費の内訳です、続いて作業費や車両費の決まり方をご説明します。
ゴミ汚部屋片付け料金はゴミの質と量で決まる!安くする方法も紹介

ゴミ屋敷を片付ける作業費(人件費)

次に作業費ですがこれは人件費と考えればわかりやすいです。
まごのてでは1名あたり作業費を25,000円~30,000円と設定しています、一見高額に見えるかもしれませんが、例えば年収400万円の人の1日あたり経費は2万円程度かかります。ご存じのようにまごのてのスタッフはすべて正社員ですので、当然それだけの経費がかかります、アルバイト中心にすればこの半分程度で済むかもしれませんが責任施工を行うためには必須の施策です。

しかも近年は労働環境の改善やブラック企業排除という風潮も強くなっていますので労働時間やそれらに付随した福利厚生や教育という部分には今まで以上に気を使いさらにお金も投入しなければいけません。

このあたりはご依頼いただく人も同じ状況下だと思いますのでご理解いただけると思いますが、私たちの仕事は人様のお宅が職場です、それはたとえゴミ屋敷だとしても同様で人様のプライベートスペースに上がるのですから得体の知れない日雇いの安物スタッフというわけにはいかないという理念に基づいています。

上記のゴミ屋敷のお片付けに必要な作業人数は3名と算出しました。必要な物を探しながら、または取り置きながら仕分けや分別を行い、ゴミを梱包し搬出する人員です。ゴミの量と質と内容から必要な人数を投入しています。

作業人数に関してもは1Kや1DKのワンルーム系だと1~2名、2DK~4LDKなら3~5名、一軒家なら5名~8名と間取りを基準として書いてる記事も多く見かけますが、何度も書いてますように間取りで作業人数が変わるものではありません。

作業に当たる人員が少ないと費用は下がりますが作業時間遅延の原因になりますし、多すぎると費用負担が大きくなりお客様に損害を与えますので上手く配置をしなければいけません。稀にお客様側で作業人員数の指定をされることがありますが、まごのてでは人数制や時間制料金の採用はしていません。

ゴミの輸送費は関東運輸局の基準運賃

ゴミの輸送費も関東運輸局の基準運賃に準じています、片付け作業を行うエリアで若干の距離の差が出ますが2トン車1台で3万円~5万円です。

たまに自社のトラックを使うのにどうして輸送費が別計算になるのだと言われることがありますが、まごのてでは輸送もひとつの部門と考えており、実際にも貨物輸送と廃棄物収集運搬の許可を得た子会社である株式会社MGがその任務にあたっています。

その他有料道路料金や駐車場代などもこの輸送費(トラック経費)に組込まれます、昨今Twitterなどでハウスクリーニング業者の書込みを見てますとコインパーキング代が無料かどうかが受注できるかどうかの分かれ目ということらしいですが、丸1日止めて数百円ならいざしらず1時間で軽く1,000円を超えるような都市部ではそうはいきません。

ただ項目として記載はしていませんがこれらの諸条件も料金決定要因のひとつであると認識いただければ幸甚です。

ハウスクリーニングや除菌消臭の料金

ゴミ屋敷片付け後の水回りクリーニングや除菌消臭も同時進行でたまわりますが、これらの作業はオプション扱いとなり別途の費用がかかります、水回りのクリーニングに関しては部屋のお片付けをご依頼の実に95%のお客様が希望されます。

また詰まったトイレやお風呂の詰まり解消作業も行える技術と装備も備えていますので、お気軽にご相談ください。

ゴミ屋敷片付けとセットでハウスクリーニングをすれば超お得でしかも気持ちいい!
ゴミ汚部屋片付け料金はゴミの質と量で決まる!安くする方法も紹介

本当のゴミ屋敷片付け料金を出してる業者は少ない

ゴミ屋敷のお片付けや不用品回収業者のホームページに実際書いてる料金とずいぶん違うじゃないか!と思われる方も多いのではないでしょうか。上記の部屋とよく似やゴミ屋敷でも業者によっては7万円と書いてあったり15万円と書いてるのをよく見かけます。

まず大前提として、このような表示している料金でやってるとは思えませんし、商売として考えても採算割れどころではなく、絶対にやれない金額を書いています。

どうしてこのような料金表示をしているのかと言いますと、ただ安いと思わせて関心を持たすためです。おそらくまごのての先ほど提示した料金内訳の中の『作業費』部分だけ、または『ゴミ処分費』の部分だけ載せており、すべてを載せていないだけと考えます。

安い安いと謳うゴミ屋敷片付けや不用品回収業者の料金提示や見積りについて少しだけ触れたいと思います。

ゴミ汚部屋片付け料金はゴミの質と量で決まる!安くする方法も紹介

料金幅200%のゴミ屋敷業者の見積もり

東京都内の2DKアパートのゴミ部屋の人からの相談でした。少し事情があってお片付け費用を極力安く抑える必要があったため安いことを売りにしているゴミ屋敷業者数社に見積もり依頼をしたそうです、ホームページには定額制料金が提示してあり、本当にその通りの料金だと20万円もかからないと予想していたそうです、ところが各社出たお片付けの見積もり料金は70万円~110万円と想定の遥か斜め上をいくもので驚いたと言います、ある一社に至っては100~200万円と見積もりにすらなっていないというものでした。

まごのてにも相談があったのですが、ヒアリングでは70万円前後と提示し写真を送ってもらい再度料金を算出したところ水回りと床のクリーニング、テレビや冷蔵庫の不用品を回収しても88万円(税別)となりました。

結果的にまごのてが一番安いとなったのですが、問題は他社の片付け費用算出の根拠が曖昧過ぎるのです。110万円を提示したゴミ屋敷業者はホームページでゴミを2トントラック積み放題で8万円弱とかいてあり、単純計算で16万円と、もし作業費が別だとしても30万円にもならないはずなのです。もう一社に至っては実際に部屋を見ていながら確定料金が出ないというなんとも不可解な状態でした。

ホームページには単身用1Kのゴミ屋敷片付けは5万円などとあたかもその料金が相場のような情報操作をしながら、実はお客様を集めるための撒餌では真剣にゴミ屋敷を綺麗にしたいというお客様がかわいそうで、絶対許されるやり方ではありません。

最近のゴミ屋敷業者や不用品回収業者の動向は概ねこのようなもので、真剣に部屋をキレイにしたいと考えるお客様にとってはひじょうに邪魔で時間の無駄になるものです。このような業者がゴミ屋敷片付けのプロだのおすすめ業者として紹介されているのは良い傾向ではありません、もし怪しい業者だと思ったら絶対に近寄ってはいけません。ましてや訪問見積もりは絶対にさせてはいけません。

まごのてでは公式LINEやお問合せフォームなどオンラインによる見積もりを推奨しています。
ゴミ汚部屋片付け料金はゴミの質と量で決まる!安くする方法も紹介

まごのてのゴミ屋敷清掃料金実は安い!?

まごのてには毎日様々な相談が舞い込みます、ゴミ屋敷片付けはもちろん特殊清掃や遺品整理などお片付けや清掃に関するものが多い時で1日に10件以上ありますが、清掃費用に関する相談も数件あり、だいたいが他のゴミ屋敷片付け業者が出したお片付け見積もりについてです。

まごのては営業歴も長くマスコミ露出も多いため認知度も高いので、他社にお片付け見積もりをしてもらったけど悪徳業者かもと不安になりセカンドオピニオンのようなケースも多いのです。中には1Kや2DKの単身住まいで100万円を超える見積もりをもらったけど妥当か?ワンルームのゴミ屋敷だけど60万円と言われたなどです。

提示料金については内容がわからないので高い安いの判断はできませんが、中には訪問して見積もりをしておきながら100万円~200万円と上下2倍もの開きがある見積額を提示したゴミ屋敷業者もあるようです。

あまりにも無節操な他社動向を見ていますと、まごのての料金提示はかなりまともでなおかつ安いのではと思うようになりました。以前は私たちは価格競争をしない、他社に料金を合せるような真似はしない、他社より高いかも知れないと安心してお任せいただける清掃業者と公言してきましたが、昨今の他社片付け業者はまったく別次元の方針のようです。
ゴミ汚部屋片付け料金はゴミの質と量で決まる!安くする方法も紹介

ゴミ屋敷のお片付け費用を安く下げる方法

ゴミ屋敷を業者に頼んで片付けたいと思う方のニーズの中には、出来るだけ安くしたいと考える人も多いのも事実です。先ほど上記で事例を出した26万円のゴミ屋敷のお片付けでもっと安くなる方法はないかと模索する人もいるでしょう。

他のお片付け業者のホームページではお片付け料金を出来るだけ安くする方法として次のようなことが書いてあります。

・複数のゴミ屋敷片付け業者から相見積を取りましょう。
・自分で出来るだけゴミをゴミ袋に入れておきましょう。
・不用品を買取ってもらってお片付け費用の総額を下げよう。


本当にこれらの方法はお片付け料金を下げるのに有効なのかどうかを確認していきましょう。

ゴミ屋敷片付け業者複数からの相見積もり

確かに複数の業者を競わせて片付け業者の値下げ合戦をさせるという手法はありますし、一部の業界や商品の購入には有効な手段です。

私は今の業界の現状だとゴミ屋敷の片付け業者の相見積もりは有効ではないと考えています。理由はそもそも片付け業者の質が揃っていない、お片付けや清掃の仕上げ基準も一律ではない、というのが理由です。

上記のようにホームページでウソを並べ関心を惹くためだけの営業活動をしている業者ばかりを3社も4社も選んで相見積をしてもただ混乱するだけです。つまりお片付け料金の相見積もり以前にゴミ屋敷片付け業者の選定からしっかりやらないと意味はないということです。

ゴミ屋敷片付けの業者選びで役に立つ記事がありますので是非参考にしてください。ゴミ屋敷の片付け業者選びの概念が変わると思います。

部屋の片付け業者選び成功の鍵は『専門性』と『安全性』の見極め

ゴミを自分で作ることと不用品の買取について

ゴミを自分でゴミ袋に詰めておいて、業者にはゴミ回収だけにするという方法は有効です。たとえば例に出した26万円のゴミ屋敷でも、もしすべてがゴミ袋に入っていて回収するだけなら半分とはいきませんが20万円を切る可能性はあります。

ただし、実現できる可能性は極めて低いです。まず出来たゴミ袋はどこに置いておきますか?2LDKや3DKでひと部屋だけゴミ屋敷になってる場合はゴミ屋敷状態ではない別の部屋に置くことはできますが、1Kなどのワンルーム系で2トントラック1台分のゴミ袋を置くことができますか?

そしてもうひとつの理由ですが、私たち事業者は回収したゴミを契約があるゴミ処理場に持ち込みます、処分場によってルールに若干の違いはありますが東京近辺の処理場であればだいたい同じようなルールで下記のようなものです。

・食品系生ごみの混入不可
・飲み残しの液体が入っているペットボトルや瓶の混入不可
・電池やライターやスプレーなどの危険品は混入不可
・マニュキアなど揮発系の化粧品や薬品の混入不可


お客様がゴミをゴミ袋に入れたとしてもこのように入れてはいけない物が混入している可能性があれば安くなるどころか逆に割増となりかねません。もし完璧にゴミを袋に入れることが出来るという人ならば、そもそも業者に依頼しなくても自力でゴミ屋敷のお片付けが出来る人ではないでしょうか。

次に不用品の買取で総額を下げるという点についてですが、もし買取ができるような不用品が家にあるならば、それはお片付け業者に買取ってもらうのではなく、買取物品に応じた買取業者に依頼しましょう。

お片付けや清掃を行う業者は清掃が本筋の業務です、買取も出来ると謳っていてもそれはあくまでも専門ではありません、逆に買取を主としているリサイクルショップなどは部屋のお片付けや清掃はできません。

やはり餅は餅屋という言葉通り、面倒で手間がかかりますが、それぞれ分けて考えるのが良いでしょう。まごのてではもしお客様が売りたいという物がある場合はカテゴリごと仕分けを行い取り置きますのでご安心ください。

安心料金でウソが無いゴミ屋敷片付け業者「まごのて」

ゴミ屋敷や汚部屋から脱出したいと願う人のために片付け料金についてお伝えしましたが、まともな運営をしている片付け業者は本当に少ないのです。

まごのて内のあらゆるコラムでも書いてますが、ゴミ屋敷や汚部屋と言えどもそこはあなたのプライベートスペースであることを分かっていますか?そんな場所に得体の知れない、ウソばかり書いてる業者を安心して部屋に入れることできますか?

ホームページはいわば会社の顔です。その顔が噓だらけや誇張だらけ、おまけに社屋もないから実態も不明で書いてることは「安い」だけ。そんな自称プロ業者を信用して部屋に招き入れるのですか?

東京近辺でゴミ屋敷を片付けたい、汚部屋を掃除したい、遺品整理をしたいと考えるのであればまごのて一択でいいと思いませんか?私たちはたった数時間の清掃時間しか提供できませんが快適な住まいにするために持てる能力を120%発揮して全力を尽くします。

ゴミ屋敷や汚部屋でお悩みの方は是非まごのてにご相談ください。

ゴミ屋敷や汚部屋のLINEお手軽見積もりはこちら
記事執筆:

株式会社まごのて 代表取締役
佐々木久史

主に特殊清掃技術の開発や指導に注力しています。まごのては宅地建物取引業の免許を受けており私は専任の宅建士です、また賃管士資格を保有しており不動産取引関係には精通しています。 

東洋経済:ゴミ屋敷に商機を見出した男の波乱万丈人生
理念と経営:逆境の時ほど爪を研げ

  • instagram
  • youtube

孤独死が起きてお困りの方は私にお気軽にご相談ください。