ゴミ屋敷片付けコラム

料金案内
2024.01.24

部屋の片付け業者選び|おすすめ9選や業界最安値は信用できる?

部屋の片付け業者選び|おすすめ9選や業界最安値は信用できる?
部屋のお片付け業者を探す際にはお片付け業者やお片付けや清掃関係の記事を参考にすると思いますが、それらの情報は果たして本当に役に立つのかを検証したいと思います。

お片付け関係だけではなく現在はあらゆる情報が画面の向こうに飛び交っていますが、その中には一定数事実と違うにもかかわらずまことしやかにバラまかれているものも多くあります、震災時のデマ情報など悪質なものもありますが、書いてる人の無知や下調べ不足で真実に見えるけど違うぞ、という内容も多く出回ってます。

お片付けやお掃除業者を真剣に探してる人が、もし事実と異なる情報を真に受けてしまって、悪徳業者を選んでしまったり、思ってた作業内容と違う業者を選んでしまうことがないようにという願いを込めてこの記事を書いていきたいと思います。

この記事は『部屋の片付け業者』のみに限定しておらずハウスクリーニング、ごみ屋敷片付け業者、不用品回収業者探しにも対応しています。
 
ゴミ屋敷片付け 業者 値下げ
値引き交渉成功!その値引本当だと思いますか?
最近よく耳にするお片付け業者との値引き交渉であるお客様から聞いたお話です。ある業者に見積をしてもらい55万円の費用提示があり、高額だと感じたため依頼を渋ったそうです。
すると業者は40万円まで下げ更に35万円まで下げ、それでも依頼されないとなり、次に出た言葉は「最安値業者に合わせます」ということでした。

このやり方はよくある古典的な手法ですが、これで値引交渉に成功した!なんて喜んでませんか?

55万円が35万円に下がる、40%近くも下げてくれてありがとう(^^)なんて思っていてはダメです!まともな商売をしていて10%以上下がることは絶対にありません。

昔からある悪徳業者の古典的な手口に引っかかってはいけません。そもそも清掃業者は各社技術や特徴を全面的に売りにすべきで「他社最安値に合わせます」と言ってるような業者を選んだ時点でそのお片付けは失敗し後悔する確率が跳ねあがると思ってください。

まごのてのお片付け料金提示はすべて根拠があり、ウソや誇張が一切ありません。それゆえに提示した料金から下がることはありませんが上がることもありませんので安心してお問合せください。
 

お片付け業者や清掃の情報は参考にしていいの?

部屋のお片付け業者を探す時にはみなさんどんな情報を集めているか、そして書かれてる情報は正しくて参考にして良いかをお伝えしようと思います。内容は3点に絞って下記のようなものを検証していきます。

1.おすすめ業者やランキング
2.料金やお片付け費用
3.お片付け方法や掃除方法


部屋のお片付け業者選びについては必ず気を付けたいポイントとお片付け業者サイトから見抜く方法をまとめた記事もありますので参考にしてください。
 

部屋の片付け業者選び成功の鍵は『専門性』と『安全性』の見極め
部屋の片付け業者選び|おすすめ9選や業界最安値は信用できる?

片付け業者を探すときに集める情報の信頼性

今はスマホひとつあれば様々な情報を集めることができます。部屋のお片付けを業者に頼もうと考える人も当然スマホやパソコンで業者探しをするはずです、インターネット上の怖いところは本や新聞などの紙媒体に比べて格段に信用性が薄い情報も混じってることに注意しなければいけません。

部屋のお片付け業者探しをしてる人が場面の向こうにある情報が本当にご自身に役立つもので正しいものなのかを、『オススメ業者』『お片付け料金』『お片付けや掃除情報』の三点について検証し、役立つ情報の見方や見つけ方をお伝えしたいと思います。

よく見る「東京のお片付け業者11選」の記事

お片付け業者『オススメ7選』やランキングはアテになる?

あなたが部屋のお片付け業者を探そうとした時には部屋の片付け業者』『部屋の片付け業者 千葉』などお片付け業者+地域や、もしある程度目的がはっきりしてるなら『ゴミ屋敷片付け業者 埼玉』『遺品整理業者 横浜』などのキーワードを使うのではないでしょうか、その結果お片付け業者がズラーっと表示されます。

そこで目立つのが『東京の片付け業者オススメ8選』や『オススメの遺品整理業者BEST5』などの「オススメ系」の記事です。この業者オススメ系記事はあなたの役に立つ情報かどうかの答えを先に示しておきます。

オススメ系の業者関連の記事は役に立ちません

なぜ部屋の片付け業者探しの場面で役に立たないかと言いますと、これらのオススメ系記事は『宣伝』であり『送客』を目的としたものだからです。宣伝や送客が悪いわけではありませんが業態によってはあまり良いとは言えないと思うのです。

特に部屋のお片付け業者はあなたの家に自由に出入りできる立場ですから、もう少し突っ込んでその業者のことを知る必要があり、送客目的のランキングサイトではそのお片付け業者のことを深く知ることは難しいからです。

そもそも送客を目的とした集客のための業者の記事は、誰のために記事が書かれているかと言えば、あまりユーザーの利益を優先してるとは言えず送客先の片付け業者が受注に至り、料金を得た片付け業者からの手数料が目的となるため事実から大きく外れた情報になりがちなのです、したがって「オススメ紹介系」のメディアはアテにならないという結論です。

お片付け業者『オススメ7選』やランキングはアテになる?

お片付け業者のホームページは自社のアピールのためのもの

ホームページで集客したり会社案内をするためのツールとしてホームページは今や欠かせない存在です。お片付け業者もそれは同じで自社のホームページを使って集客したり自社を魏利用いただくメリットや優位性を伝えるためのものです。

その観点で考えた場合おすすめ業者系記事は本来の本質から外れるのです、自社ではない他人がオススメとしてるだけであって、本来は自社から発信されるべきものが他社から発信されているというだけで信頼性に欠けるのです。

またお片付け料金やサービス内容も自社の者ではない誰かが書いてる内容ですから、どうしても紋切り型のテンプレートのようなものとなり信憑性に欠けます。

今のネット検索(SEO)の状況から考えると送客を目的とした集客業者に登録して多くの人の目に留まるようにするための手段とも考えられるのですが、やはりそのお片付け業者自ら発信されているリアルな情報から判断するのが正しいと考えます。

よく見るゴミ屋敷のお片付け費用「業界最安値」

お片付け業者記事の『料金』は実体験を参考にする

お片付け業者を探してるあなたは次に料金のことを知りたいと考えると思います。部屋のお片付け業者を利用しようとする人の90%は初めてです、初めてのことだから当然お片付け依頼にかかる費用を知りたいと考えます。

『部屋の片付け 料金』『ゴミ屋敷片付け 費用』と言ったキーワードで調べるのではないでしょうか。先ほどと同じく上からズラーっと各業者のサイトが表れます、そんな中で目立つのが1Kなどのワンルームだといくらとか、一軒家ならいくらといった料金表を見かけると思いますが、このお片付け料金情報は参考にしていいか?ですが料金関係もあまりアテになりません

ある記事では単身用ワンルーム1K~1LDKのお片付け費用は3万円~5万円とあったり別の業者では単身用ワンルームでもお片付け費用は3万円~70万円と書いてあります。Maxの金額が30倍以上も開いており何が正しいのか混乱してしまいますね。正しい表現としては後者の3万円~70万円で、先の3万円~5万円はまったく実態に即していないものです。

もしお片付け料金を調べたいなら業者サイト内の実例写真に書いてある料金を参考にするようにしましょう、載っている写真とご自身の部屋を照らし合わせて同じような状況の部屋で比べて費用感をつかむようにするのが正しいお片付け料金を参考にする方法です。

まごのてでは事例別や部屋のタイプ別での料金のご案内をしており、個別に2DK~2LDこのお片付け事例や一軒家のゴミ屋敷片付け事例、単純な不用品回収やゴミ回収をした事例などで実際に対応した現場を元に実際掛かったリアルな料金をお伝えしています。

まごのてのサイト内記事でも単身用ワンルームのゴミ屋敷片付け費用は5万円~100万円という記事がありますが、単身用ワンルームのお片付けでも状況次第ではこれだけの差がありますよ、とご案内しているのです。

下記の写真はゴミ部屋のお片付けした際のもので費用は18万円(ゴミ撤去のみ)でした、お客様の関心を惹く目的であれば5万円や8万円と書いたほうが安い印象を与えます。よくあるやり方としては作業費のみを記載ゴミの処分費のみを記載しすべてを書かないやり方が多く見受けられます。

正しく正確な料金提示をするゴミ屋敷片付け業者

ゴミ部屋片付け費用
 
ゴミ屋敷片付け最安値
 
適当な料金表示が目立つ
 
部屋の片付けは料金より仕上げ
 

片付け料金情報は『ウソや誇張』が多い

部屋の片付け業者を探してる人の大きな関心事のひとつはやはり料金のことです。お片付けの費用にあてる予算が無尽蔵にある場合はそんなことは気にしませんが大半の人には気になることです。

大多数の人が気にする部分ですからどうしてもウソや誇張が多くなるのがこのお片付け費用のことを書いたサイトや業者サイト内の記事です。リアルなお片付け現場の料金を参考にしましょうとお伝えはしましたが本当のことを書いてるとは限りません、お片付け業者を探してる人の気を惹きたいがために本当は10万円だったのに5万円と書いてるかも知れません。

特に最近はトラックツ積み放題の定額制やパック料金を書いてる業者が主流で、軽トラック1台のゴミや不用品を積んで1万円以下とあたかも本当の費用相場のごとく書いていますが、お片付けやゴミ回収の費用の安さを強調したいためにあり得ないぐらいの誇張表現をしているだけです。

のような表を見たことがある方も多いと思いますが、例えばA社では作業費が2万円に対して自社では三千円ですよとか、B社は車両費が1万円だけど自社はゼロ円です、というもので常識的に考えればおかしな料金や費用を堂々と書いてる業者も多いので気をつけましょう。

お片付け業者の集客のためのサイト内にウソや誇張があること自体間違いであって、そんな姑息な手段を用いて集客をしお客様を騙す行為をする業者はどんなに魅力的なことが書いてあっても接触すべきではありません。
部屋の片付け業者選び|おすすめ9選や業界最安値は信用できる?

よく見る『自力で部屋を片付ける』記事

お片付けやお掃除に関する記事の信憑性

次にお片付けやお掃除に関する記事についてです、上記まではお片付け業者を選んだり料金について調べたりするためのものでしたが、この章では業者探しなどと違ってお片付けそのものに関する情報の精度についてです。

実際の検索と出てくる記事内容から見てみましょう。例えばあなたの部屋がゴミ屋敷状態で業者に依頼して片付けたいけど費用の関係でご自分で片付けようと考えたとします、おそらく『ゴミ屋敷片付け 自力』とか『自分で汚部屋 掃除』と調べるのではないでしょうか。

するとまたズラーっと記事が並びますが、あなたは本当は同じ境遇の人がお片付けをした事例とか感想を知りたいはずなのに大半はお片付け業者側から「自力でゴミ屋敷を片付ける方法」のようなものが占めると思います。

どうして一般の人が行ったお片付けレポートが少ないかは別問題なので考えを述べませんが、この自力お片付け情報も目にした人は多いと思いますが、どこの記事内容もひじょうに似てると思いませんか?

自力で片付けられる部屋の間取りは2LDKまでで、手袋とゴミ袋を用意して・・・と判で押したようにどこも同じ流れと内容です。

同じく本当は業者依頼して部屋を片付けたいけどお金がない場合は『部屋の片付け お金がない』とか『ゴミ屋敷片付け 無料支援』と言ったキーワードで調べるかも知れませんがそこで出る答えも自力での片付け方のような記事や自分で粗大ごみを処分する方法が出て来て本来知りたいことがでないことが多いです。

中にはゴミ屋敷条例を使って自治体補助を受けて部屋を片付けよう、というようなまったくデタラメな情報すら上位にありますので、本当に有益な情報はネット上にはないとは言いませんが見極めが難しい状況にあるということは頭に留めておいたほうが良いでしょう。
部屋の片付け業者選び|おすすめ9選や業界最安値は信用できる?

お片付け情報の記事は誰がどこに向けて発信しているの?

お片付け業者探しもお片付け料金も、その周囲のお片付けや掃除情報もデタラメや誇張が多くなかなかあてにしずらい、参考にならないということをお伝えしてきたのですが、これらデタラメ記事はいったい誰がなんのために発信してるのかは気になるところです。

結論から言いますと、お客様のほうを見ずGoogleを見ているライターの仕業です。先ほど集客のためのホームページは自社のアピールをする媒体とお伝えしました。今あなたが見てるまごのてのホームページはゴミ屋敷や汚部屋で悩んで業者探しをしてるあなたのために情報発信をしています、だからお片付け料金やご依頼方法やお掃除方法を実体験を元にして載せています。

これが本来の集客ホームページのあり方ですが、世の中にあるお片付け業者サイトの大半はお客様に向けたものではなくGoogleの顔色を見て書かれてるといっても過言ではありません、Googleに気にいられて上位表示すれば多くの人の目に留まる、多くの人が見てくれれば収益が上がるのですから当然上位を目指す戦略を行います、その行為自体は良いのです。

自社のサイト担当者が記事を書かず、外部のライターに丸投げしてしまうから事実からかけ離れた情報が量産されてしまうという図式です、このような状況は一般ユーザーからすれば不本意極まりまいのですが、今のお片付け関連の情報を取り巻く環境は概ねこのようなものです。

この記事のテーマであるお片付け業者探しや料金の情報は信用していいのか?というものですが『出ている情報を頭から信用してはイケナイ』が答えです。

まごのてのお片付け情報発信ポリシー

株式会社まごのてはゴミ屋敷片付けや特殊清掃を主軸とした清掃会社です。15年以上の業歴がありますが、今ほどお片付け業者を探すのは難しい時代はかつてなかったと思います。

特にゴミ屋敷のお片付けや特殊清掃はお片付け関連の中でも専門的な分野で、かつてはそう多くの業者がありませんでした、業者が増えることはどの業界にとってもお客様から見ると良いことです。独占状態から解放されることで料金の適正化や技術面の競争も起きるので全体的なレベルアップにもつながります。

ところが部屋のお片付け業だけは正しい競争が行われる状況ではありません、上記のように嘘や誇張の情報が蔓延りお客様だけが混乱したり騙されたりしています。

まごのては常に正しい情報を発信することを心がけています、私たちについての特色や魅力も嘘や誇張なしにしっかりお伝えしますし、お片付け料金に関してもお客様の気を惹くためだけの安値表記や事実と違うことをお知らせしたりは一切ありません。

すべての情報が事実に基づき、経験したことをリアルにお伝えし、お片付け業者選びをしてる人の役に立つように心がけています。

お片付けや掃除業者探しをする人が騙されたり泣かされたりすることがないように、この業界の先駆者として今まで以上に正しい情報をお伝えしていきます。

正しく正直な情報発信をするゴミ屋敷片付け業者まごのて

部屋のお片付けや清掃でまごのてを利用するメリット

まごのては創業時も現在も集客系ポータルサイトに加盟せず、サイト内記事も自社内で自ら書き正直な情報を発信しています。

部屋のお片付け(ゴミ屋敷片付け、遺品整理、生前整理)でまごのてをご利用いただくメリットは大きく、ご利用する多くの皆様に満足していただいてると自負しています。

料金やサービス内容も専門的なことからちょっとした簡単なお掃除方法までリアルな生の現場情報をお伝えし、ウソや誇張などは一切ありません、他社がウソや誇張表現をしていることはすべてまごのてには実際に揃っています。(さすがに業界最安値や年中無休24時間体制やできもしない買取はできません)

まごのての最大の特徴は部屋にお伺いする清掃スタッフはもちろん、トラック運転手や事務、営業スタッフに至るまですべて正社員で運営しています。当たり前のことのように思えるかもしれませんが清掃業全般で見てもコストの高い正社員での運営は珍しいのです。

コストの高い正社員運営にこだわる理由は、お客様宅が仕事場である清掃やお片付け業者は安心できる存在でなければいけない、責任の所在がハッキリしないアルバイトや派遣に頼るのはお客様の安心と安全を脅かすと思っているからこその施策です。

ゴミ屋敷のお片付けで女性スタッフを初めて起用したのもまごのてで当時は『ゴミ屋敷バスターなでしこお掃除隊』としてよくテレビやその他マスコミに取り上げられました。

まごのては清掃技術が高いのは当たり前で、事業運営の根幹から安心で安全な体制を作る仕組みが確立している、どこをどう見ても安心できる部屋のお片付け業者なのです。

ゴミ屋敷を始めととした部屋のお困りごとはまごのてにご相談ください、サイトの構造上ゴミ屋敷片付けのページ内記事ですが、まごのては特殊清掃も主軸の業務で、孤独死が起きて困った、部屋に臭いが充満してるので消臭してほしいなどのご要望にもお応えできるプロの業者ですので安心してお問合せください。

部屋のお片付けや清掃のご相談やお見積りはオンラインでもたまわっております、お電話の受付時間外でも対応が可能です。

ゴミ屋敷や汚部屋のLINEお手軽見積もりはこちら
記事執筆:

株式会社まごのて 代表取締役
佐々木久史

ゴミ屋敷のことはなんでも私に聞いてください、各自治体のゴミ屋敷条例制定の際の意見交換参加実績、在宅医学会や高齢者虐待防止学会での登壇実績もあり真の専門家として高い評価を得ています。


セルフネグレクトとゴミ屋敷の関係を研究している東邦大学保健衛生学教授である岸恵美子先生とは情報交換を盛んに行いゴミ屋敷の現実的な問題を私から提供し岸教授が学術的に分析し世に提供しその論文等には佐々木久史の名前が付されるものも多い。

  • instagram
  • youtube

ゴミ屋敷の真の専門家にお気軽にご相談ください。