ゴミ屋敷片付けコラム

作業の進め方
2024.02.20

ゴミ屋敷の片付け清掃に一般廃棄物収集運搬業は必須?

片付け業者|ゴミ屋敷の片付け清掃に一般廃棄物収集運搬業は必須?
ゴミ屋敷のお片付けをはじめ部屋の片付けや不用品回収を業として行うには一般廃棄物収集運搬の許可が必要で、その許可を持っていない業者は違法業者であるから利用してはいけないという記事を見たことがありませんか?

一般の方たちも行政書士までもがお片付け業の開業前には一般廃棄物収集許可を取得しよう!という記事を出しています。

この記事では一般廃棄物収集運搬の許可とはどんなものなのか、お片付け業者が許可を得ることができるのか、許可がないと本当に違法業者なのかをお伝えしようと思います。
 
一般廃棄物収集運搬許可とは
一般廃棄物収集運搬許可とは『ゴミを回収』するための認可
まごのてを含めゴミ屋敷業者はこの一般廃棄物収集の許可を持っているのか、なければ清掃業務はできないのかということについてお伝えいたします。最近かなりこのお問合せが多いので記事にしますが、必ず違法だ脱法だという中傷とも取れる意見を浴びせてくる人がいますが、まごのて含め子会社も一度たりとも摘発はおろか警告すら受けたことがありません、この意味を充分にお考えいただければと思います。

ネット検索でも「一般廃棄物収集運搬許可 取り方」というワードで調べてる人が多いことから関心が高い分野のようですので、ここで答えを書いておきますが、この一般廃棄物収集許可問題についてまごのての見解を示しておきます。

・そもそも一般廃棄物収集運搬の新規許可は絶対に出ない。
・少なくともまごのてはゴミの回収業務をしていない。


そもそも行政側が絶対に新規許可を認めない許認可です。絶対許可がでないものをしゃかりきになって取ろうとする必要はありませんし時間の無駄です。私たちの場合に限ってはゴミ回収は一切やってないのですから一廃許可そのものが不要と考えてます。

一般廃棄物収集については法律的な見地も含まれますので、顧問弁護士である栃木柳沢樋口法律事務所の弁護士栃木義宏先生にリーガルチェックをお願いし公開した記事です。
 

【ゴミの種類】一般廃棄物と産業廃棄物

まずゴミ(廃棄物)とは何かから知っておきましょう。法律的にゴミの種類は大きく2つに分類されます。

1.一般廃棄物
2.産業廃棄物

さらに細分化すると一般廃棄物には「事業系一般廃棄物」という区分もありますが、分かりにくくなるので大きく上記2つがあるとお考えください。

(1)の一般廃棄物とは一般家庭から出るゴミはすべてこちらの区分で(2)は事業活動、すなわち工場などから出るゴミが産業廃棄物と思えばいいです。

ゴミ屋敷のお片付けは当然一般のご家庭から出るのだから一般廃棄物ということになります。私たちの見解としては「ゴミの回収」を行う場合は当然一般廃棄物収集許可が必要です、ではゴミ屋敷片付けはどうかということですが、ゴミ屋敷片付け=ゴミ回収ではないという考えが基本路線です。

禅問答のような議論になってしまいそうですが冒頭で話したように、少なくともまごのてはゴミの回収など一切やっていません。ゴミの回収をしていないのですから違法もへったくれもない、としか言いようがありません。
 
ゴミ屋の仕事が一般廃棄物収集
一般廃棄物収集運搬ってどんな仕事?
最近増加しているご質問の中に「一般廃棄物収集運搬」の許可をお持ちですか?と聞く方がいますが、巷に溢れる情報を鵜呑みにした結果の行動と考えられます。まず一般廃棄物収集運搬とはどんな仕事をしている業者なのかを知る必要があります。

一般廃棄物収集運搬業とは文字通り一般廃棄物(家庭から出るゴミ)を集めて回る仕事です、ゴミの日に東京23区ならブルーのトラック(パッカー車と言います)でゴミの日にゴミを集めて回ってるのがこの一般廃棄物収集運搬業です。

一般家庭から出たゴミ処理は行政が処理をする、いわば住民サービスの一環として行われています。ですから粗大ごみ回収もお金がかかると言えども格安で処分できるのです、したがって事業母体は行政で東京23区なら各区(江戸川区や板橋区など)千葉県も各区(稲毛市や花見川区など)です。

事業母体が行政区ですから本来は行政自らゴミ回収をするのですが、あまりにも膨大な量がありますのでそれを委託しているのが一般廃棄物収集運搬業者という図式です。

各自治体からゴミ回収の仕事をもらってる業者と考えればわかりやすいです、そして許可権者は都道府県となり委託される行政区は入札で決まります。

先ほど一般廃棄物収集運搬には事業系という区分もあると書きましたが、これも同じくパッカー車でゴミを集めて回るのですが主に飲食店などの事業者を対象としています、ですから事業系一般廃棄物収集運搬業となり許可権者は都道府県となります。

一般廃棄物収集運搬業とは各家庭や飲食店からゴミを集めて、自治体の運営するゴミ処理工場まで運ぶ仕事です。長々と書きましたがこの太線部分だけ覚えておけばいいです。
 
そもそも一廃許可は出ない
一般廃棄物収集運搬業許可の取得方法
たまに廃棄物関係の許認可を免許という人がいますが、免許制ではなく運送業などと同じく許認可です。原則的にその事業を行いたい人が条件を整えて監督官庁に申請をした上で得られるもので、一般廃棄物収集運搬業もそのような手続きを経て認可がでます。

実は現在、日本全国どの自治体も一般廃棄物収集運搬業の新規許可は出していません。申請すら受け付けていません。東京都でも神奈川や千葉でも今後一切新規の許可を出すつもりはないと明言しています。福岡県だけ唯一遺品整理業者2社に対して限定付きで一廃許可を出した事例があります(※福岡は昨今の情勢をよく理解していると評価できる行動と思います)

つまり一般廃棄物収集運搬許可は我々がどうあがいても正攻法で取得することはできません、地方議員に圧力をかけてもらったり担当部署の長に裏金でも渡せば可能性はあるかもしれませんが新規受付すらしないと言ってるものをひっくり返すことは基本的には出来ないのです。

どうして一般廃棄物の業界は新規許可をださないのかですが、これには深いワケがあるはずで、事実は誰も知りませんし憶測の範囲によるのもなのですが、ゴミ回収事業というのはいわば利権です、生活していればゴミは毎日出るのですから仕事が途絶えることはありません、誰もがやりたがる美味しい事業です。

この美味しい利権事業に新規業者が増えたらどうなるでしょうか?新規の一般廃棄物収集運搬業者が増えたら競争の原理が働きます。競争の原理で値崩れを起こすことを嫌がってる既存事業者が新規許可を出すことを許さないという風潮と一般廃棄物収集運搬業者は充分足りてるという認識と相まってどこの自治体でも新規許可の受付すらしていないのです。

したがって一般廃棄物運搬許可を持っている業者にお片付け依頼をしましょうという巷の情報は半分正解で、半分は実情を知らないが故の記事とも取れるのです。だいたいゴミの回収業と部屋のお片付け業を同列で扱ってる時点でおかしいとも考えられるのです。
 

ゴミ屋敷は片付けてます!ゴミ回収はしていません

まごのて含めゴミ屋敷業者はこの一般廃棄物収集運搬業の許可を取得してるか否かですが、まごのてを含めてこの許可を持ってる事業者は99%いません、まごのても新規受付すらしていない許可を得ようと検討すらしたことはありません。

ただし元々一般廃棄物収集運搬業の許可を得ている会社が事業部としてゴミ屋敷片付けをしたり、その地域限定でお年寄り宅の粗大ごみを回収したりしてる業者はありますが、一般廃棄物収集運搬業者が積極的に個人宅のゴミ回収をしているのは聞いたことがありません。別にそのような業務をしなくても充分経営が成り立つのですからわざわざ行う必要性もありません。

もし一般廃棄物収集の許可業者がお片付け事業をやろうとしたところでかなり活動範囲が限られます。先ほど許可権者は都道府県もしくは市区町村と書きましたが東京で許可は得ているが埼玉で許可がない場合は越境できません。

もし市区町村単位の小さな許可エリアだと江戸川区の許可業者はお隣の江東区や葛飾区ですら事業活動ができないとなり、利権でしっかり仕事と利益が確保できてる事業者には何らメリットがないと言えます。

では、まごのて含め世の中のゴミ屋敷業者はやっぱり許可を得ていない違法業者じゃないか!となりそうですが、まずまごのての場合ですが『ゴミの回収』は一切やっていません。一般廃棄物収集運搬業者という言葉を分解したらよくわかりますが、一般廃棄物(家から出るゴミ)収集(拾い集める)運搬(処理場へ運ぶ)です。

私たちはゴミの日にゴミを集めて回っていません、飲食店のゴミも回収していません。
私たちまごのてが行っているのは、ゴミ屋敷や汚部屋と呼ばれる部屋や家をお片付けし清掃するのが仕事です。

出たゴミを「回収」してるではないか。と思うかもしれませんが「回収」はしていません、「清掃」という過程で出た廃棄物を自ら処理してるという考え方です。

ゴミ関係の法律には廃棄物処理法というものがありその中の第二条四には次のように書かれています、第二条の四 国民は、廃棄物の排出を抑制し、再生品の使用等により廃棄物の再生利用を図り、廃棄物を分別して排出し、その生じた廃棄物をなるべく自ら処分すること等により、廃棄物の減量その他その適正な処理に関し国及び地方公共団体の施策に協力しなければならない。

まごのてはゴミ屋敷清掃という業を行う中で出たゴミを自ら、つまりまごのてが業務上出したゴミだから、自ら処理を行っているという考えですから、ゴミの回収はやっていないという理論です。
ゴミ屋敷の片付け清掃に一般廃棄物収集運搬業は必須?

一般廃棄物収集運搬業者からの密告や横やり

冒頭で今まで警告も摘発も受けたことはないと書きましたが、関係各署の調査を受けたことはあります。これはまごのてがテレビで度々取り上げられていた時期ですが、東京都の環境課よりゴミの無許可回収の疑いで立入調査を受けたことがあります。

上記のようなスキームで業務を行っていることを説明し、実際の廃棄物処理の方法や契約する処分場との契約関係などをすべてオープンにしました、約二週間に渡って実際どのように受注し現場ではどのようなことが行われているのか実際に目で見てもらいました。そうして結果的にこれ以上追求する必要なしと判断されたのです。

もしまごのてが違法業者であれば各行政区からの依頼など来るはずもありませんし、実際の運用として東京都のある区の委託を受けている一般廃棄物収集運搬業者から再委託という形で部屋の片付けや遺品整理や特殊清掃も請負っています。

後になって知ったのですが、ある一般廃棄物収集運搬業者がまごのては違法操業をしているという密告から立入調査となったらしいです、また密告ではなく直接脅しのようなことをしてきた一廃業者もいましたが、前章で書いたゴミは利権というのがよくわかる事象だと感じます。

過去にはこの無許可営業で摘発された片付け業者はありますが、摘発の入口は不法投棄です。不法投棄で捕まえつつ無許可営業を併科したと言う流れです。
 

一般廃棄物収集運搬業者との提携

他のゴミ屋敷業者や不用品回収業者のホームページに小さく次のような記載があるのをご存じでしょうか?「法令を遵守するために廃棄物の運搬と処分は一般廃棄物収集運搬業者に委託しています」これは無許可でゴミを回収してませんよと言いたいのだと思いますが、まず原則として東京近辺では一般廃棄物収集運搬業者との提携は難しいです、先ほども書いたように一廃業者は好んで部屋の片付け業務をしませんし、仕事を請けるにしても少なくとも身元がはっきりしないような片付け業者からは請けません。

一廃業者は確かに利権もあり美味しい仕事です、ですから許可取消や行政罰(業務停止)のペナルティリスクがあることは進んで行いません。

社屋もないような得体の知れない不用品回収業者からの依頼など一蹴して終わりです。まごのてでも東京と千葉で一廃業者との契約はありますが現場にダイレクトに来てもらうことは少なく、まごのて作業所への回収となっています。

また一般廃棄物収集運搬業者に廃棄物処理を委託した場合はひじょうに高額な処分費となります、ですから業界最安値と価格勝負をしてる不用品回収業者が一廃業者との契約なんてそもそも出来ないのです。だいたい本当に契約があるのならば契約書等の証拠を併せて載せておくべきで、適当なことを書いてお客様を欺く行為であると言えます。
ゴミ屋敷の片付け清掃に一般廃棄物収集運搬業は必須?

一般廃棄物収集運搬業者を遺品整理現場に来てもらった結果

比較的最近のことですが、ある遺品整理現場に契約する一般廃棄物収集運搬業者に直接来てもらって廃棄物を積載したことがあります。ご依頼のお客様がまごのての廃棄物に関するスキームだと脱法感を否めないということでした。

では一般廃棄物運搬のパッカー車を現地に来てもらいますが費用は若干高くなることを了承していただき(当初示した45万円が約60万円)そしてもう一点、当日何が起きても私たちは関知しないし責任はすべてお客様にあると伝えて遺品整理作業当日を迎えました。

東京都内の住宅街にある戸建てでしたが、作業方法はまごのての女性スタッフがお客様と一緒に遺品整理を行いどんどん仕分けをし男性陣は選別の必要のない部屋の廃棄物を梱包し搬出を行い、やがて一廃業者がやってきて積込作業が始まりました。

袋の廃棄物をパッカー車に投げ入れ車の中に吸い込まれていきます、家の中から不要となった物を庭先に並べてパッカー車に入れていくのですが、その光景を見ながら依頼者の奥様がガラスの箱に入った人形を指さし、これもこの車に入れるのですか?と聞いてきましたので積込作業を止めさせ、私が事前に何が起きても関知しないと言ったワケをお話ししました。

このガラスケースもこのタンスもすべてこのパッカー車に入れますと説明した途端その奥様は泣き崩れてしまいました、皆さんよく考えてください、ゴミの日にゴミ回収車を見たことがあると思いますが作業員の人の動きとパッカー者の動作はどうでしたか?ゴミ回収作業員はなんの感情もなくただゴミを投げ入れ、パッカー車は唸りを上げながらバキバキ破壊しながら入った物を押しつぶしながらトラックに吸い込んでいきます。

この遺品整理のケースではご主人に私がゴミ屋を呼ぶことに難色を示した理由を話し、今なら一廃業者をここまでで止めて自社の引越仕様のトラックで運搬できますと提案し、トラックを差し替えて従来の遺品整理作業の積載をしたのです。

ご主人の判断が間違っていたとは思いませんが、特に遺品整理は「感情」が前面に出るデリケートな作業ですから、原則は原則であって現場に応じた臨機応変な対応も大事であると思う出来事でした。
ゴミ屋敷の片付け清掃に一般廃棄物収集運搬業は必須?

一般廃棄物収集運搬業者をゴミ屋敷現場に来てもらった結果

このお話はかなり以前のことですが、東京都内の某行政区依頼のゴミ屋敷片付けで、その自治体依頼は初めてのことでした。行政代執行ではなく福祉絡みのお片付けでしたが室内の片付けはまごのて、できた廃棄物を区が手配した一廃業者で行うというものでした。

私たちにしてみればお片付け作業自体になんら変わることなくいつものように進めるだけなんですが、現場ではすぐに問題が発生しました。しょせん高齢者単身のワンルームアパートです、あっと言う間に袋詰めされたゴミでいっぱいになり片付け作業者が身動き取れなくなってしまったのです。

事前の打合せだとゴミ回収車が来るのが全11時予定にも関わらず、すでに11時を回っています、どうやら前のゴミ回収作業が遅れており13時を過ぎての到着になるとのことだったのです。すぐさま担当部署の担当者に状況を話した結果「道の端に積んでおいて構わないから部屋から出して作業を進めて」と言います、この言葉にまごのての佐々木薫はブチ切れ「そんなことしたら婆ちゃん可哀そうでしょう!ただでさえ悪いね、ごめんなさいねって言ってるのに!」

本人依頼だろうが家族依頼だろうが周囲にわからないようにやるのがゴミ屋敷片付けの鉄則です、たとえバレているゴミ屋敷でも住んでる人に極力負担をかけないようにするのがゴミ屋敷業者の役目です。

結果的にこのゴミ屋敷片付けも一廃業者に廃棄物を載せることなく自社のトラックに積んだのですが、時間通り来ていた場合はどうなったか定かではありませんが、近所の目はあまり良い物にならなかったのではと思います。

ゴミを扱うのはデリケートな心が必要

便宜上タイトルにはゴミと書きましたが、ゴミ屋敷でも遺品整理でも様々な配慮が必要なのです。確かにまごのてで行ってる廃棄物に関するスキームは脱法かも知れません。ある意味法律の穴をかいくぐり詭弁でもって立ち回ってるように見えなくもありません。

ですが遺品整理でもゴミ屋敷でも住む人や関係する人の「心」が大きく関与してることをお分かりでしょうか?杓子定規に一般家庭から出るゴミだから一般廃棄物収集運搬業者が運ばなければいけないと正義マンの理論で通せますか?

確かに不要な物とジャッジされればゴミです、それ以上それ以下でもありません、ゴミはどこまでいってもゴミです。だからパッカーでゴミ屋が持っていき処理場に運んで終わりでしょうか?長年ゴミ屋敷や遺品整理を行ってきてる身としてはそこまで無機質に扱うことも考えることも我々はできません。

ゴミ屋敷や遺品整理を取巻く一般廃棄物問題ですが、出回ってる記事は一般論として情報を出してるだけで他意はないと思いますが、このようなバックボーンがあることは意識していただき無責任な記事は出さないでもらいたいと思うのです。

まごのてに立入調査した役所関係者ははっきり言いました、お墨付きを与えたわけではない、まごのての違法性が100%払拭できたわけではないが昨今のゴミ屋敷等の状況を鑑みても『民で起きてることは民で解決するしかなく』行政が積極的に介入することではない、したがって民の立場で諸問題を解決し、棄物の処理に関しても適法に行われているのでこれ以上の追求は不要。

要するにどんなスキームであれゴミ自体はきちんと処理されてるのだから問題ないではないか、一般廃棄物業者の業務領域も荒らしてないじゃないか、と解することができると考えます。
ゴミ屋敷の片付け清掃に一般廃棄物収集運搬業は必須?

ゴミの回収を望んでますか?部屋の掃除を希望ですか?

部屋の片付け業者に対する一般廃棄物問題はそう難しいものではなく、あなたは何を望んでますか?部屋をどう完成させたいですか?という根本的なものなのです。

言葉遊びのごとくゴミ屋敷なんだからゴミ『回収』ですか?そんなことはゴミ屋敷に住む当事者ならよくわかってることです、ゴミの日にゴミを回収してる人たちが部屋にやってきてもおそらく部屋はキレイになりませんし、ゴミ屋の作業者に遺品整理を行うこともできないでしょう。

医者だって各専門があるように同じように見えるけどまったく違う仕事なんていくらでもあり、そもそもゴミ屋敷片付けや遺品整理がゴミ屋の仕事とカテゴライズされること自体がおかしいのです。

私たちの仕事はゴミ屋敷なら部屋をキレイにしたいというご要望、遺品整理なら思い出をピックアップしたいというご要望に応えるために作業をし、その過程で出るゴミを自ら処理をする、ただそれだけです。

お客様がもし単純に袋詰めしたゴミや粗大ごみを回収してほしいだけであれば、一般的な記事の通り一般廃棄物収集の許可業者か行政の粗大ごみ回収に依頼しましょう、もし一般廃棄物業者が見つからないなら安心して私たちに相談いただいても問題ありません。

お金がない人のためのゴミ屋敷片付け業者

ゴミ屋敷住人の心情を一番理解してる業者

株式会社まごのてはゴミ屋敷に住む人の心情を日本で一番理解している業者であると自負しています。以前ゴミ部屋で困ってるある女の子が一般廃棄物収集業者からまごのてを紹介されたと連絡をもらったことがあります、彼女はネット上の情報を信じ東京の一廃業者いくつかに相談する中で断られ続け最後の最後にまごのてを紹介されたということでした。

彼女は一廃業者何件か電話し話す中で一廃業者が聞くことはゴミの荷姿や種類であって、今の部屋の状況や清掃後の完成形にまで及ぶことはなかったと言います、それも当然でゴミを回収する仕事の会社にお片付け方法や作業内容を求めてもまったく的外れなのです。

ですからゴミ屋敷はじめお片付けや掃除が絡む事案は一般廃棄の許可うんぬん関係なく、あなたが目指す部屋作りができる片付けや清掃業者に相談することです。

忌憚なくざっくばらんに言えば、ゴミ屋敷を快適化するのに許認可なんてどうでもいい!モラルと心意気だ!

東京近辺のゴミ屋敷や汚部屋片付けならまごのて一択

ゴミ屋敷をキレイにしたい、遺品をきちんと整理したいとお考えの人で地域が東京近辺であればまごのてでいいのではないでしょうか?巷のどうでもいい情報に振り回されて時間を無駄にする必要はありません。

実績豊富で技術的にも間違いのない部屋の片付け掃除業者はまごのてだけですので、心配せず私たちを信じてお任せください。

※この記事を出すにあたっては社内でも相当の議論がありましたが、ゴミ屋敷や部屋のことで悩んでる人に本当の意味で正しい情報を届けなければいけないという使命感からこの記事をアップします。またまごのての廃棄物についてのスキームをそのまま転載したり自社の運用に活用するのはおやめください、実は肝心な部分は伏せていますので単純に真似すればそれこそ違法となりかねません。
記事執筆:

株式会社まごのて 代表取締役
佐々木久史

主に特殊清掃技術の開発や指導に注力しています。まごのては宅地建物取引業の免許を受けており私は専任の宅建士です、また賃管士資格を保有しており不動産取引関係には精通しています。 

東洋経済:ゴミ屋敷に商機を見出した男の波乱万丈人生
理念と経営:逆境の時ほど爪を研げ

  • instagram
  • youtube

孤独死が起きてお困りの方は私にお気軽にご相談ください。